足痩せについて

着圧ソックスの洗濯の頻度。効果を保つ洗濯方法!

更新日:

着圧ソックスの洗濯の頻度

着圧ソックスは、一度買えばずっと使えるアイテムではありません。

洗濯方法によっては、加圧力は弱くなっていき効果も薄くなってしまいます。

できるだけ着圧ソックスの加圧力を長持ちさせたいですよね?

少しでも長持ちさせるには、洗濯の頻度や方法に注意しなくてはいけません。

そこで、着圧ソックスの洗濯の頻度や方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

着圧ソックスの洗濯の頻度

日中に長時間履いているのなら、毎日洗濯をしましょう。

数時間だけの着用でも、2回に1回は洗濯をしてください。

 

本当であれば、着用時間に関係なく一度履いたのなら洗濯した方がいいです。

着圧ソックスは履いていると血行が良くなるため、いつもよりも汗をかきます。

自分では気がついなくても、汗はかなり出ているんですよ。

汗で汚れた着圧スパッツを履くと、かぶれの原因にもなるのでまめに洗わないといけません。

洗わないとどうなる?

着圧ソックスを洗わらないでいると、繊維に汚れが蓄積しニオイが発生してしまいます。

汚れが蓄積すると洗濯してもキレイには落ちません。

着圧ソックスの汚れはカビが発生する原因にもなるんですよ。

足を細くキレイにしたくて着圧ソックスを履いているのに、ニオイやカビの発生した着圧ソックスを履いたらどうなるでしょう?

かぶれや炎症を起こす原因にもなりますから、頻繁に洗濯するようにしましょう。

着圧ソックスを履いていてかゆみがでるのは、洗濯していないことが原因かもしれませんよ。

詳しくは【着圧ソックスを履くとかゆいのはなぜ?履いているときも脱いだ後も!】を読んでみてくださいね。

洗濯しすぎると効果も落ちる?

着圧ソックスを洗濯するたびに、生地が伸びてしまい加圧力の効果も薄くなります。

だからといって、洗濯をしないわけにもいきませんよね?

着圧ソックスの効果を長持ちさせたいのなら、洗濯によるダメージを軽くするしかありません。

洗濯のやり方次第で、生地の傷み具合のスピードが違います。

せっかく着圧ソックスを買ったのですから、効果が長持ちする洗い方していきましょう。

長持ちさせる洗濯方法

手洗いが一番!

着圧ソックスを傷めずに洗う一番良い方法は「手洗い」です。

30度以下のぬるま湯か水で着圧ソックスを洗っていきます。

洗面器などに洗剤を溶かして、浸け置き洗いでもOKです。

 

もう少し、しっかり洗いたいのなら生地をギュギュと押しながら洗ってください。

洗濯板や、生地同士でゴシゴシと擦り洗いをすると生地を傷めてしまいます。

ゆすぐときも、丁寧に生地を優しく洗い流すように洗剤を落としていきます。

脱水は、雑巾のように思いっきり絞っては生地が傷むので、軽く絞る程度にしてください。

手洗いの方法の動画ありますので、参考にしてみてください。

動画ではセーターですが、着圧ソックスでも同じ方法で大丈夫ですよ。

洗濯ネットに入れよう!

洗濯機で洗う場合は、着圧ソックスを洗濯ネットに必ず入れてください。

洗濯ネットを使用しないと、他の衣服と着圧ソックスが絡んでしまいます。

特に着圧ソックスは細長いので、他の衣服と絡みやすいです。

他の衣服と絡んでしまうと、生地が引っ張られて伸びてしまいます。

さらに、他の洗濯物との摩擦も起こり、より一層生地が傷みます。

 

できれば、洗濯ネットはクッション性があるタイプを選んでください。

最近は、100均でもクッション性のある洗濯ネットが売られていますから安く購入できますよ。

クッション性のある洗濯ネットで洗うと、他の衣服との絡みや摩擦を防ぎ生地が傷みにくいです。

洗濯コースと洗剤にも注意!

洗濯機のドライコースや手洗いコースを選んで洗ってください。

手洗コースやドライコースであれば、普通のコースよりも優しく洗ってくれます。

洗濯機の機種によってコース名は違いますから、一度確認してみてくださいね。

 

また洗剤も、おしゃれ着専用の洗剤を使いましょう。

エマールなどのおしゃれ着専用の洗剤は、デリケートな繊維にも対応しています。

生地の伸び縮みや型崩れなどを防いでくれますから、着圧ソックスの繊維でも負担を軽減してくれます。

乾燥機は禁止!

着圧ソックスは、乾燥機を使ってはいけません。

着圧ソックスによく使用されいてる繊維のナイロンやポリウレタンは、熱に弱い性質があります。

ポリウレタンは、着圧ソックスの締め付けを担っている繊維です。

ポリウレタンがダメになると、ギュッとした締めつけ感が弱くなります。

加圧力が弱くなると着圧ソックスの効果も薄れますから、乾燥機は使わないでください。

さらに、干すときも直射日光を避け陰干しをしてください。

着圧ソックスの寿命。どのくらいもつ?

毎日着用した場合の寿命は、だいたい3ヶ月です。

着圧ソックスがどのくらいもつのかは、使用頻度や洗濯のダメージにもよって違います。

ですが、履き始めて3ヶ月経ったら新しい着圧ソックスに買い替えてください。

新しい着圧ソックスに履き替えてみると「こんなに加圧されていたっけ?」と驚くと思いますよ。

毎日履いていると、加圧が弱まっていることに気が付かないものなんです。

買い替えの時期はいつ?

目安として、3ヶ月履き続けたら買い替えましょう。

着圧ソックスの加圧力は、永遠に保たれるわけではありません。

履いていると生地も伸び、洗濯のたびに生地は伸びていきます。

着圧ソックスの生地が伸びると、加圧力も弱くなります。

履き始めのころに比べて、足のむくみが取れにくくなったと感じていませんか?

ひょっとしたら、加圧ソックスの加圧力が弱くなっているためかもしれません。

目安としては、3ヶ月経ったら買い替えの時期と思ってくださいね。

長持ちする着圧ソックスとは?

綿よりもポリウレタンを使用している着圧ソックスの方が長持ちします。

使用されている繊維の種類によっても傷み具合は変わります。

ポリウレタンは強い繊維ですから、綿やシルクに比べて傷みにも強いです。

長持ちだけを考えるのなら、ポリウレタンを使用している着圧ソックスを選んでください。

複数枚を所持が寿命を延ばす

着圧ソックスを複数枚持っていると、1枚の寿命も長くなります。

毎日同じ着圧ソックスを履いていると傷み具合も早くなります。

少しでも長持ちさせたいのなら、複数枚をローテーションで履いていきましょう。

洗濯の洗い替え用にも複数枚あると便利ですね。

洗濯可能なおすすめ着圧ソックス

選び方は2つ

着圧ソックスを選ぶときは、圧力と着用シーンで選んでください。

1.圧力で選ぶ

着圧ソックスの加圧の数値はhPa(ヘクトパスカル)で表されます。

数値が高いほど、加圧力が強くなります。

目安としては、

軽いむくみ→20hPa
ひどいむくみ→30hPa
医療用→40hPa

強い圧力を選べは、着圧ソックスの効果が高くなるのではありません。

自分の足の状態にあった圧力を選ぶことが、一番着圧ソックスの効果が出ます。

ポイント

足首:20~30hPa、ふくらはぎ:10~20hPa、太もも:5~15hPa

上記を基本の圧力として選んでください。

2.着用シーンで選ぶ

最近では、日中用、就寝用、運動用など着用シーン別で多くの着圧ソックスが市販されています。

運動用の着圧ソックスを、寝るときに履くと加圧力が強すぎて足には悪影響になります。

自分がどのシーンで着圧ソックスを履くのかを考えて選んでくださいね。

おすすめ商品

ダイエット目的ならグラマラスパッツ

オールインワン構造をもつ着圧レギンスです。

グラマラスパッツ1枚だけで、脚痩せ、むくみ、お腹引き締めなど多くの効果があります。

値段は3990円

 

就寝用ならメディキュット

寝ながらメディキュット寝るとき専用に設計された太ももまでのレギンスタイプです。

ふとももまでのロングタイプですから、足全体をケアしてくれます。

値段は2045円(参考価格)

 

運動用ならスリムウォーク

スリムウォーク運動用ビューアクティ (Beau Acty)の燃焼シェイプレギンス スポーツ用です。

太ももからお尻の筋肉の動きに抵抗し負荷をかけてくれます。

値段は1950円(参考価格)

医療用ならJOBST

JOBST
アメリカ製の医療用弾性ストッキングです。

医療技術が生んだ段階的圧力設計が脚の健康を強力にバックアップしてくれます。

値段は2932円(参考価格)

 

-足痩せについて

Copyright© グラマラスパッツの口コミがヤバイ!真相を知ってビックリ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.